MENU

妊活中は男性も葉酸を積極的に摂取しましょう!

妊活中、女性にもっとも必要とされている「葉酸」は、
胎児の「神経管閉鎖症」のリスクを下げ、
卵子の質を高め、妊娠しやすい身体をつくっていきます。

 

厚生労働省が推奨していることもあり、
多くの女性が葉酸の必要性を認識していますが、
男性の場合は認識度が低く、
まだまだ妊活に積極的ではないのが今の現状です。
男性は「妊活」や「不妊」は、女性がするものと思いがちですが、
不妊の原因の約半数は男性にあることが明らかになっています。

 

さらに、葉酸は男性にとっても必要な栄養素なのです。
葉酸は、精子の分裂を正しく行い、
染色体異常のリスクを低下させることが分かっています。
健康な男性の精子には、1〜4%の染色体異常
(精子の奇形)が含まれています。
アメリカの研究では、葉酸を摂取した男性は、
摂取していない男性と比較して、
染色体異常の精子が20〜30%低いという結果が出ています。
精子の質が高まることで、受精の確率が上がるといわれています。

 

葉酸が十分に摂取できているカップルは、葉酸が不足しているカップルよりも
妊娠する確率が高くなるという研究結果が報告されています。
また、女性同様、男性が葉酸を摂取することで、
胎児の神経管閉鎖障害のリスクも軽減されます。

男性が葉酸を摂取すると奇形のリスクが軽減! 

葉酸といえば、妊活中〜妊娠中の女性に必要な栄養素として有名ですが、
妊活中の男性にとっても重要な栄養素であることをご存知ですか?

 

現在、日本では10組に1組のカップルが
不妊に悩んでいるといわれていますが、
その原因の約半数は、男性側にあることが明らかになっています。
以前は、不妊の原因は女性にあるものと考えられていたので、
近年ではその考えが改められつつあります。

 

健康な男性でも、1回に射精された精子の
1〜4%の染色体異常が含まれていますが、
葉酸は正常な細胞分裂を促進する作用があるので、
そのリスクを下げることがわかっています。

 

染色体異常の精子は、胎児の神経管閉鎖症
ダウン症流産の可能性も高まりますが、
葉酸を摂取していると、染色体異常の精子が減り、
質の良い精子が増えることで受精率が上がるとされています。

 

近年の研究では、葉酸摂取が多い男性は
精子の染色体異常数が減っているという結果が出ています。
ただ、日本では、まだまだ妊活に男性は積極的ではありません。
受精するには、質の良い精子が必要であること、
パートナーと二人三脚で妊活をすること
妊娠の確率が高まるのはもちろん、
精神面でも心の支えになることを把握し、協力することが大切です。

 

葉酸は精子の正常な細胞分裂に深く関わっている!

健康な男女が避妊をせず、
定期的に性交渉を行ったにも関わらず、
2年間妊娠に至らなった場合「不妊症」と診断されます。
以前は、不妊の原因は女性にあると思われていましたが、

近年では世界保健機関(WHO)の調査で
男性の約半数に原因があることが明らかになっています。

 

その約90%を占めるのが「造精機能障害」という、
精子が上手くつくられない状態です。
葉酸は、細胞分裂を活性化する作用があるので、
精子の分裂にも深く関与しています。

 

健康な男性でも、1回に射精される精子の中には
1〜4%の染色体異常(精子の奇形)が含まれています。
染色体異常(精子の奇形)の精子は、動きも鈍く、
卵子と結合する力は弱いといわれていますが、
その数は年齢とともに増加するので、
赤ちゃんへのリスクも増えるということになります。

 

葉酸を摂取することで、正常な細胞分裂が行われ、
染色体異常は回避することができます。
染色体異常の精子が減るということは、
質の良い健康な精子が増え、受精率も高まるということです。

 

近年は、男性側も高齢化しており、
精子の質を高めることが重要なポイントになっています。
葉酸は正常な精子をつくり出し、精子の運動率も高めるので、
造精機能障害の改善にも効果が期待できます。

男性の葉酸不足は深刻な問題! 

妊活中に葉酸を摂取することは、女性だけでなく、
男性にとっても重要なポイントです。
受精卵は、精子と卵子が結びついて生まれます

近年では、出産年齢の高齢化が進み、
卵子の質を高めるためにも葉酸
摂取している女性が多いのですが、
高齢化が進んでいる男性にとっても、それは同じことです。

 

健康な男性にも、1回に射精された精子の中の1〜4%に
染色体異常(精子の奇形)が含まれています。
この数は、年齢とともに増加し、
精子の質もどんどん下がる傾向にあります。

 

葉酸精子の細胞分裂を正常に活性化し、
染色体異常(精子の奇形)のリスクを下げて行きますが、
不妊男性の多くが、葉酸不足であることが明らかになっています。

 

妊活中の女性が積極的に葉酸を摂取しているのに対して、
男性はまだまだ意識が低いのが現状です。
男性が葉酸不足の場合、精子の分裂がうまく行われず、
問題のある精子が増えるばかりでなく、
胎児の「神経管閉鎖障害」の原因になる
可能性が高いと報告されています。

 

男性が葉酸を摂取していくことで、精子の質を高め
受精・着床しやすい環境を整えることができます
妊活は、女性だけが行うものではなく、二人で協力し合っていくことが何より大切です。

 

マカを選ぶ際のポイントはここ!

「マカ」というと、男性が飲むものというイメージを
持たれている女性も多いようですが、
実は、妊活中の女性にとっても嬉しい効果

たくさんあることで注目されています。

 

マカには、ビタミン、ミネラル、
必須アミノ酸が豊富に含まれ、
血流改善ホルモンバランスを整え
妊娠しやすい身体づくりに効果的といわれています。

 

生理周期排卵周期が整えられることで、
妊娠する確率が高まります
しかし、妊活中の摂取は、赤ちゃんにも影響があるため、
安心安全なマカを選ぶことが重要です。

 

マカの原産地はペルーの標高4,000mの
ボンボン高原と呼ばれる高地です。
昼夜の温度差が30℃を超えることもある
過酷な環境で育ったマカには、ぎっしりと栄養詰まっています。
現在は、何百種類というマカがありますが、
まずは「完全無農薬」のマカを選びましょう
農薬や化学肥料を一切使用せず、
大切に栽培されたマカなら安心です。

 

また、マカ100%であるかどうか、
凝固剤がどれくらい入っているか、
JISマークがついているかどうか、
身体に吸収されやすいマカであるかもチェックしましょう。

 

身体に吸収されやすいマカとは「ヘラティニサシオン」と呼ばれる、
胃腸にスムーズに吸収されるように高温・高圧加工された方法です。

マカの効果を高める摂取方法はこちら! 

マカは、3000年以上も前から利用されてきた、
南米ぺルー原産のアブラナ科の植物です。
年間平均気温7℃、昼夜の寒暖差は30℃以上という、
標高4000m以上の過酷な環境で育ったマカは、
非常に栄養価が高く「アンデスの女王」とも呼ばれています。

 

乾燥させたマカの根は長期保存が可能なので、
現地の人々の滋養強壮剤として利用されてきました。
マカは、男性の精力剤というイメージが強い女性も多いようですが、
近年では、妊活や不妊に効果があるということで注目されています。

 

マカには、ベンジルグルコシノレート、アミノ酸
ミネラルなどがバランスよく含まれています。
その効果は、ホルモンバランスを整る
生理不順や排卵機能の改善冷え症の改善など、
多岐にわたるので、妊娠しやすい身体になる
期待ができる栄養素なのです。

 

マカには女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用があるので、
女性特有のさまざまな不定愁訴にも効果があるといわれています。
男性の精子の質も高め、精力増強効果もあることから、
2人で飲む妊活サプリとして人気が高まっています。

 

マカの効果を実感するには「濃縮エキス」よりも「マカ粉末」の方が効果的といわれています。
薬のように副作用もないことから安心して摂取できるマカですが、即効性はありません。
適量を2〜3ヶ月続けていくことで、体質が改善されていきます。

 

マカはホルモンバランスを調整してくれる!

女性ホルモンは、女性の身体を整える重要な役割を果たしています。
女性ホルモンが乱れると、生理不順、不妊
イライラなど、身体にさまざまな悪影響が及びます。
ホルモンバランスの乱れは、自律神経の乱れにもつながり、

卵巣にも大きな影響があらわれてしまいます。

 

マカには、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」
似た働きをする「植物エストロゲン」と呼ばれる成分が
含まれており、乱れた女性ホルモンのバランスを整えていきます
その結果、生理周期や排卵周期が整い
不妊の改善にも効果があるとされています。

 

男性ホルモンも同様で、男性ホルモン「テストステロン」
減少すると、血行障害、うつ、不眠、集中力の低下など、
身体的・精神的に不安定を感じるようになります。

 

マカには、ホルモンバランスをコントロールしている
脳下垂体に働きかける「アルギニン」などのアミン酸や
ミネラルなど、ホルモンの分泌量などを調整する機能が高まる
成分がバランスよく含まれています。

 

大切なのは、ホルモンを増やすことではなく、
ホルモンのバランスを整えることです。
マカで男性ホルモン「テストステロン」の分泌が正常になることで、
健康的な男性らしさを保てるでしょう。

マカは女性ホルモンのバランスを整えてくれる! 

近年、妊活に効果があるとのことで「マカ」が注目されています。
ペルーの高山地帯で育ったマカの栄養価は非常に高く、
現地の人々に3000年前から利用されていました。

 

血流改善、滋養強壮、冷え症の改善、美肌効果、ダイエット効果
不眠症の改善など、マカにはさまざまな効果が期待できますが、
注目されているのはホルモンバランスを整える作用です。

 

ホルモンバランスの乱れは、生理不順、不妊、イライラなど、
女性の身体にさまざまな悪影響が及ぼされます
マカには女性ホルモンの一つである「エストロゲン」に
似た働きをする成分が含まれています。
それは「植物エストロゲン」と呼ばれ、生理不順
更年期障害の改善に効果が期待できます。

 

マカを摂ることで、女性ホルモンがどのように整えられるかというと、
植物エストロゲンが、減少した女性ホルモン
(エストロゲン)の代わりに働き
生理周期、排卵周期が正常に行われるようになることで、
妊娠しやすい身体をつくっていきます。

 

また、卵巣機能を高めるアミノ酸「アルギニン」が豊富に含まれているので、
成長ホルモン分泌を促進し、生殖機能を活性化するといわれています。
年齢とともにエストロゲンの分泌は減少していくので、
マカでホルモンバランスをしっかり整え、妊活の効果を高めていきましょう

 

マカで男性ホルモンを整えよう!

昔から男性に人気の「マカ」は、精力増進や精力剤として有名です。
マカは、アンデス山脈の標高4000mという厳しい環境の中で
生育されており、その栄養価の高さから現地では
「アンデス薬草の女王」と呼ばれているほどです。

 

マカ精力アップに良いといわれているのは、
マカには「アルギニン」が豊富に含まれているからです。
アルギニンはアミノ酸の一つで、成長ホルモンの分泌を促し、
精子の生成にも大きく関わっています。
精子の数の増加、精子の運動率の向上
精機能の改善効果が高く、男性の不妊改善に期待されています。

 

また、マカには男性ホルモンを整える作用があります。
男性ホルモンの「テストステロン」は20才をピークに減少していき、
50才前後で急激に減ってしまいます。
テストステロンは、男らしさのホルモンで、正常に分泌されなくなると、
血流障害、勃起不全、めまい、うつ、集中力低下など、
身体と精神にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。

 

マカは、減少したテストステロンを増やしホルモンバランスを整え
男性らしさを保つ役割を果たします。
脳の視床下部や脳下垂体の働きを調整し、ホルモン分泌に必要な栄養素が
バランスよく含まれているマカで、男性ホルモンを正常に整え、妊活の効果を高めて行きましょう。

マカは成長ホルモンの分泌も促進する! 

マカは、南米アンデス地方のペルーで生育している、
アブラナ科の植物です。
炭水化物、たんぱく質が主成分のマカには、アミノ酸、
鉄分、亜鉛、カルシウムなどが豊富に含まれています。
特にアミノ酸のバランスは優れており、
体内に必要なアミノ酸のほとんどが含まれている

「完全栄養食」といっても過言ではありません。
その栄養価の高さから、NASAが宇宙食としても
採用しているほどです。

 

マカの一番の特徴は、アミノ酸の一つ「アルギニン」です。
アルギニンは、体内でつくられるアミノ酸ですが、
現代の食生活では不足しがちといわれています。

 

アルギニンの効果は、免疫力の向上、ホルモンバランスの調整
血行促進、代謝促進などさまざまですが、注目は、
成長ホルモンの分泌を促進する働きがあることです。
成長ホルモンは、私たちの生命を維持するうえで最も重要な
ホルモンの一つで、血管、骨、筋肉、全ての細胞の成長
新陳代謝を調整していますが、年齢とともに減少して行きます

 

マカに含まれるアルギニンは活力の源なので、
成長ホルモンが促進されることで、老化防止効果が高まり、
男性機能の本来の力を取り戻せるといわれています。
勃起不全(ED)や、精力が減退する前に、
マカをしっかり摂取することで若々しさが維持できるでしょう。

 

マカで生理不順が改善できる?

妊活中の女性にとって、生理不順は最大の悩みでもあります。
一般的に、正常な生理周期は25〜38日といわれています。
個人差はありますが、生理日数は3〜7日で終了します。

これに当てはまらい場合の生理を「生理不順」と
いわれていますが、正常な範囲の生理周期でも、
生理日数が一定しない場合も生理不順になります。

 

ただ、女性の身体は非常にデリケートなので、
ストレスや生活環境の変化などでも、
生理周期は変化します。
生理不順の原因は、主に女性ホルモン「エストロゲン」
減少や、ホルモンバランスの乱れです。

 

マカには、私たちの身体に必要なアミノ酸「アルギニン」
ミネラルが豊富に含まれており、ホルモン分泌の指令を出す
視床下部や脳下垂体の働きを調整していきます。

 

また「植物エストロゲン」が女性ホルモン「エストロゲン」と
同じ働きをすることで、ホルモンバランスを整え
生理不順の改善につながると考えられています。

 

生理不順の場合、女性ホルモンの調整がうまくできてないのが
原因の一つなので、放っておくと、卵子の質の低下、無排卵
受精卵が着床しずらいなど、不妊の原因になる可能性が高くなります。
赤ちゃんを授かる準備として、マカを摂取して、生理周期、排卵周期を整えて行きましょう。

マカで冷え症が改善できる? 

女性に多く見られる「冷え症」の最大の原因は、血行不良です。
私たちの血管は血液を全身に送るだけではなく、
酸素や栄養素を運び、不要な老廃物や二酸化炭素を回収します。

血行不良になると、その働きが弱くなるため、
冷え症になってしまいます。

 

特に女性は、血液を送り出す役目の筋肉が男性よりも
少ないために、冷え症になりやすいといわれています。
また、代謝機能の低下、自律神経の乱れ
ホルモンバランスの乱れも、冷え症の原因です。

 

割合的には少ないですが、最近では男性でも
冷え症になる人が増えています。
男性の場合は、生活習慣病が要因というケースが多いようです。

 

マカには、血液循環を良くする「ビタミンE」が豊富に含まれています。
さらに「アルギニン」ホルモンバランスを整え
自律神経の働きをスムーズにすることで
冷え症の改善に効果があるとされています。
自律神経の調整がスムーズに行われると、
手先や足先の末端冷え性の改善にも期待ができます。

 

マカは、代謝機能を高め、自律神経やホルモンバランスを整え、
身体の中から冷え症を改善して行きます。
冷え症は妊娠の大敵です。また、そのまま放っておくと、
深刻な体調不良にもなりかねません。
普段の食事にマカを摂り入れ、妊娠しやすい身体づくりに励みましょう。

 

マカはミネラルが豊富に含まれている!

マカは南米ペルーの高地に自生している、
カブのような形をした植物です。
標高4000mの過酷な環境でも育つ、
強い生命力を持つマカの栄養価の高さは
「完全食と呼ばれるほどで、マカを栽培した畑は、

土壌の栄養を余すことなく吸いとられてしまうため、
数年間は使えなくなるそうです。

 

マカには、たんぱく質、ビタミン、必須アミノ酸
その他のアミノ酸、鉄分、食物繊維現代人が不足しがちな
カルシウムや亜鉛などのミネラルがバランス良く含まれています

 

天然のマカには、ミネラルが豊富といわれてる野菜と
比較しても、その含有量は群を抜いています
ミネラルは、私たちの身体のさまざまな機能を
コントロールしているので、ミネラルが不足すると
身体の機能に影響を及ぼし、生殖機能も低下していまいます。
男性の場合は、精子の数が減ってしまい
不妊の原因にもなるといわれています。

 

マカは、ホルモン分泌を調整する脳下垂体に働きかけ、
ホルモンバランスや自律神経を整え、年齢とともに減少する
成長ホルモン、女性ホルモン、男性ホルモンの分泌を促進して行きます。
さらには、生殖機能を活性化し、受胎能力を高め
妊娠しやすい身体づくりに期待できるといわれています

マカで妊娠しやすいカラダづくりを! 

一般的に、マカといえば「精力剤」という
イメージが強いかもしれません。
マカは男性が飲むものと思われている方も多いようですが、
実は妊活中に有効な栄養素
妊娠しやすい身体づくりに効果
高いことで、近年では多くの女性にも注目されています。

 

妊娠するためには「質の良い卵子」「元気な精子」
必要ですが、生活習慣の乱れ、ストレス、性生活
栄養バランスの良い食事、冷え症、適正体重など、
現代人が抱えやすい問題を改善することから
始めることが大切です。

 

マカには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、たんぱく質などの
栄養がバランス良く含まれており、ホルモンバランスを整える
生殖機能の活性化、冷え症の改善、ダイエット効果など、
妊活中の女性、もちろん男性にも
嬉しい効果がたくさんあるといわれています。

 

女性の場合、ホルモンバランスが整えられることで、
卵子の成長が正常に行われ、排卵障害や生理不順が改善されます。
また、妊娠の大敵である冷え症の改善にも効果が期待できます。

 

男性の場合は、精子の数が増え、精子の運動能力
高まるとされています。
つまり、妊娠力を高める効果があるマカ二人で摂取することで
受精率が上がるということになります。

 

マカで冷え症を改善しよう!

女性に多くみられる冷え症ですが、近年では男性でも
冷え症に悩んでいる人が増えているといわれています。
身体の末端部分にまで血液がスムーズに
流れなくなると、手足が冷えるだけではなく、
慢性的な頭痛、下痢、体調不良など、
さまざまな病気を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

 

 

冷え症の原因は、ホルモンバランスの乱れ
自律神経の乱れ、血行不良、代謝機能の
低下などが考えられます。
男性に冷え症が増えているのは、不規則な生活習慣
ストレスによる自律神経の乱れだといわれています。

 

マカには、植物エストロゲン、アルギニン
グレコシノレート、ステロール、サポニンなど、
ホルモンバランスを調整する効果のある成分
豊富に含まれているので、血管機能を正常化し、
手足の末端まで血液をスムーズに流れるように、
血流を改善することができます。

 

また、マカに含まれるビタミンEが血液の循環を良くし、
体温を一定に保つよう働きかけます。
マカ精力増強効果があることで有名ですが、
それは下半身の血行が良くなるからなのです。
その働きが、同時に冷え性にも効果があるということです。
冷え症は妊娠の大敵です。
妊活中は、マカでしっかり冷え性を改善して行きましょう。

 

マカの美肌効果でアンチエイジング!

近年、妊活サプリとしても注目されているマカには、
必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、たんぱく質など、
豊富な栄養素がバランス良く含まれています。
マカの効果は多岐にわたり、

 

ホルモンバランスの調整
成長ホルモンの促進
免疫力向上
生殖機能の活性化
精力増強
血行促進
冷え症の改善
アンモニアの解毒作用

 

など、妊活にはもちろん、私たちの健康に、
さまざまな効果があることで人気が高まっています。

 

さらに、マカには「美肌効果」もあり、
美容にも良いことが分かっています。
マカに含まれるアミノ酸の一つ「アルギニン」には、
アンチエイジング効果があります。
アルギニンは「若返りホルモン」と呼ばれる
成長ホルモンを促進し、新陳代謝を高めて
お肌のターンオーバーを活性化します。
このターンオーバーがうまく行かないと、
お肌の生まれ変わりが長くなり、
くすみやしわなどのトラブルを招いてしまうのです。

 

また、マカには、お肌を美しく保つためには欠かせない
ビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンE
ニキビや吹き出物を改善するビタミンCも含まれているので、
お肌の老化を防いでくれます。アルギニンの保湿作用で、
若々しい、しっとりと潤いのあるお肌になれるでしょう。

 

マカで便秘を解消!

便秘の原因は、腸内環境の悪化、ストレス
ホルモンバランスの乱れ、冷え症、食生活など、
さまざまな要因が考えられます。
便秘の原因の多くは、一つではなく
複数あるといわれているので、そう簡単には

解消することができない場合がほとんどです。

 

女性の場合は、生理前になると便秘になると
いう人も多いのではないでしょうか。
それは、ホルモンのバランスの乱れが原因
考えられます。
生理前に多く分泌される「黄体ホルモン」は、
便を硬くしたり、子宮の筋肉を収縮させるため、
それと同時に腸の運動が抑制され、
便秘を引き起こすといわれています。

 

マカには、ホルモンバランスを整える作用があり、
分泌量を多すぎず少なすぎず、安定させていきます。
多く分泌される黄体ホルモンの量を安定させるよう
働きかけるので、生理前の便秘を解消することができます。

 

また、マカには血流を良くして、冷え症を改善する作用があります。
冷え症の場合、内臓機能が低下し、腸内環境が乱れがちですが、
マカを摂取することで内臓機能が高まり、
腸内環境が良くなることで、便秘の解消につながっていきます。

 

さらに、マカにはビタミン、ミネラル、必須アミノ酸
食物繊維などの栄養が豊富に含まれています。
偏った食生活、野菜不足が原因の便秘の解消にも効果が期待できるでしょう。